室戸海洋深層水について

海洋深層水の特長

海洋汚染の少ない深海で地球規模の時間を経過した海洋深層水は、生命活動に欠かせない無機栄養塩が多く含まれ(無機冨栄養素)、陸水や大気からの科学物質の汚染にさらされる機会が極めて少なく(清浄性)、周年に渡り温度の変化が少ない(低温安定性)海水です。
また、水圧30気圧以上で長い年月を経て熟成された海水であるため(熟成性)、多くの有益価値を秘めた海洋資源としても注目されています。
海水には必須微量元素や各種ミネラルがバランス良く含まれているため、さまざまな有効利用についての研究が進められています。(ミネラル特性)

《低温安定性》
光の届かない深海は、年間を通じて温度が低く(約9.5度)一定の為、そこで育つ海洋深層水は水質の変化もなく安定しています。

《無機冨栄養素》
地球が育んだ海洋深層水は自然の恵みであるミネラルが約60種類含まれています。ほかにも窒素・リン・ケイ素などの無機栄養塩類も豊富です。

《熟成性》
海洋深層水は水圧30気圧以下で長い年月を経て熟成された海水です。

《ミネラル特性》
海水には必須微量元素やさまざまなミネラルがバランスよく含まれており、海洋深層水特有の溶在状態にある元素も明らかにされつつあります。

《清浄性》
陸水由来の大腸菌や一般細菌に汚染されていません。また、海洋性細菌数も表層の海水に比べて非常に少ないうえ、陸水や大気からの化学物質による汚染に晒される機会も少なく、この点でも清浄といえます。懸濁物や付着微生物が少ないこと(物理的清浄性)も重要な特性です。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間
ご注文受付:24時間受付中
お問合せ対応:
平日(月~金)8:30 ~17:00
定休日:
日曜・祭日 及び第2・4土曜日

ページトップへ